譲渡条件

Anthelmintic, FIV, FeLV

駆虫や猫エイズ・猫白血病検査

猫の駆虫について

保護している猫達は、身元不明のため保護当初おなかに猫回虫や猫条虫がいたり、ダニなどなんらかの虫がいることが殆どです。

レボリューションやプロフェンダー・ドロンタール等の駆虫薬にて駆虫しておりますが、各個体の譲渡時期によっては完全に落ち切っていない場合もございますので、(1回目の駆虫後、次の駆虫時期は2,3週間ほど必要となるため)譲渡後は必ず動物病院にて便検査を受け、引き続き虫がいなくなるまで駆虫してあげてください。

猫エイズ(FIV)・猫白血病(FeLV)について

どちらも猫同士の感染のみになります。人間や他の動物には感染しません。どちらも空気感染ではなく接触する事によって感染するリスクがあります。陽性猫の単独飼育、猫エイズ同士、猫白血病同士であれば問題ありません。

猫白血病は感染しやすいので、無感染の猫と接触する飼育はお勧めしません(無感染の子と飼育する場合は完全に部屋をわけて飼育する必要があります。トイレとお皿を共有させない。毛繕いをしあってはいけない。)

猫エイズは、簡単には感染しませんが陽性猫の血液を舐めたり喧嘩などで噛まれた傷口から陽性猫の唾液が入り感染、又は交尾で感染します。 感染力は弱いので、毛繕い・食器の共有・トイレの共有で感染する事は殆どありません。(100%ではないです)

感染している猫を飼育する場合は、同じ感染症同士で飼育する事を推奨します。

Adoption Requirements

譲渡条件

●ペット可住居に居住している。
●脱走防止を徹底する(自宅の脱走防止・マイクロチップや迷子札の装着など)
●同居ご家族全員が新たに動物を迎える事を賛成している。
●猫は、行方不明・交通事故・伝染病防止の為完全室内飼をする。
●猫は外に出さない。リードやハーネス付き散歩もしない。

●先住猫がいる方は去勢・避妊・ワクチンを積極的にする。(獣医師の指導に従って下さい)
●長期で家を空ける時(入院・旅行・帰省等)面倒を見る人がいる。
●一人暮らしの方・同居家族全員が仕事・学校等で留守の場合、あまりにも長時間留守がないようにする。

●単身(一人暮らし)の方は、追加質問をさせて頂く場合や、明確な後見人が必要です。
●ご自身に予期しない出来事等で飼育困難になった場合、どなたかに後継人としてお願いしている。
●60歳以上の方への譲渡は、希望の猫によりお断りする場合がございます。

●無職・20歳以下・学生・生活保護など、安定した収入のない方には譲渡は行なっていません。(成人した学生も不可)

●ご自身・ご家族にアレルギーが出た場合、人間側が治療し飼育を続ける。
●命に関わる程のアレルギーが出た場合は当方へ相談し、新しい飼い主を探す。
●結婚・妊娠・出産・引っ越し・離婚等いかなる理由でも飼育放棄はしない。
●同棲カップルの方は同棲が解消になった場合、どちらかが責任を持って飼育を続ける。
(結婚の予定のない同棲カップルの場合は譲渡出来ない場合があります。結婚時期をお知らせください
●譲渡が成立した場合、子犬・子猫の子達を適齢になったら避妊去勢を必ずする。
(譲渡はワクチン接種後、成猫は避妊・去勢手術後になりますのでご了承ください)
●毎年1年に1度のワクチンを必ずする。(病院によっては間隔が違いますので通う予定の病院とご相談ください)
●応募フォームには個人情報も含まれます。きちんと記入記入して頂けますか?
●内定となった場合、誓約書への記入・身分証明書の提示をお願いしております。

●譲渡の際に、保護費用の負担をお願いしております。費用はプロフィール欄をご確認下さい。
●ブログやメール等で近況を時々報告して頂けますか?

*終生飼育の自信のない方・動物をぬいぐるみやファッションの一部とお考えの方・子犬子猫の時期が過ぎると可愛いと感じない方・動物の適切なお世話が面倒と感じる方・人間側の身勝手な理由で手放す方・室内飼育が条件の犬を外飼育する方・猫を外に出す方・保健所に連れて行く可能性のある方・ご自身の気分や躾と称し動物を叩いたり暴力を振るう方・当会の譲渡条件の方針に賛同できない方のご応募はご遠慮下さい。信じられないような内容を記載しておりますが、過去の譲渡後に実際に起きた飼育放棄の例です。ご理解頂けましたら下記の【個人保護猫応募フォーム】へ移動してください。

譲渡希望フォーム送信後、確認メールがお申し込み頂いた際のメールアドレスに送信されます。飼育環境確認の為、動物を飼育するお部屋の全体がわかる写真を数枚お願いしております。新しい飼い主様を選考する際に重要ですのでご理解頂けますと幸いです。

jaJapanese