img

Personal Rescued Cats

個人ボランティアの保護猫達

img
犬猫の駆虫について
保護している犬猫は保護当初おなかに虫がいたりダニなどなんらかの虫がいることがほとんどです。レボリューション等の駆虫薬にて駆虫しておりますが、各個体の譲渡時期によっては完全に落ち切っていない場合もございますので、(1回目の駆虫後、次の駆虫時期は2,3週間ほど必要となるため)譲渡後は必ず動物病院にて便検査を受け、引き続き虫がいなくなるまで駆虫してあげてください。
猫エイズ・猫白血病について
猫エイズ(FIV)・猫白血病(FeLV)検査について 生後6ヶ月以下の猫は正しい検査結果が出ない為、両感染症の血液検査を実施しておりません。保護した時点で生後6ヶ月以上の猫のみ実施しています。検査を実施していない猫の血液検査を希望の場合、検査費用は「検査を希望する方」の負担となりますのでご了承下さい

・直接お会いしての譲渡を希望いたします。
・お宅訪問またはお写真にて飼育環境を確認させていただきます。
・遠方の方は保護宅または近隣の街までのお迎えをお願いいたします。
・2週間程度のトライアルも可能です。
・ペット可住居に居住されている方
・最後まで責任と愛情を持って終生飼育をしてくれる方。
・適切な医療を受けさせて下さる方。
・完全室内飼育をしていただける方。
・高齢者(60歳以上)、一人暮らしの方の場合は後継人が居る事。
・未成年、無職の方からのご応募はお断りさせていただきます。
・譲渡から最初の2週間は写真付きで近況をお願いいたします。その後はたまにで結構ですので近況頂けると嬉しいです。
※医療費の一部のご負担をお願いしております。(ワクチン・避妊去勢・初期医療費等)金額につきましては、猫ちゃんのプロフィールにて個別にご案内しております。

※駆虫費用と血液検査費用は当方で負担させて頂きます。
(個人保護のため全ての医療費、保護費を負担する事は難しいのですが、僅かではありますが当方でも負担させて頂きますので、一緒にこの子達を助けて下さると嬉しいです。)

その他お気軽にお問合せ下さい。
可愛がっていただける方からのご応募お待ちしております。m(_ _)m

譲渡希望フォーム送信後、確認メールがお申し込み頂いた際のメールアドレスに送信されます。飼育環境確認の為、動物を飼育するお部屋の全体がわかる写真を数枚お願いしております。新しい飼い主様を選考する際に重要ですのでご理解頂けますと幸いです。

jaJapanese
jaJapanese